OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。

Oral Studio歯科辞書:用語・解説検索フォーム

Oral Studio歯科辞書:今日注目の歯科用語

Oral Studio歯科辞書:口腔外科総論分野:『)』の解説

口腔外科総論分野:『)』の解説を行ないます
用語名

顔面神経

読み仮名
ガンメンシンケイ
分野名口腔外科総論
用語解説【概要】
第 VII 神経で、知覚では味覚の感覚やに、顔面筋の運動、涙腺・顎下腺・舌下腺などを支配する。
特殊内臓性遠心性、特殊求心性、一般求心性、副交感性

【詳細】
広義の顔面神経は、特殊内臓性遠心性線維のみを含む狭義の顔面神経(運動根に相当)と、それ以外の3種類の成分のみを含む中間神経の2根からなる。

特殊内臓性遠心性線維の起始核は顔面神経核(橋から延髄)である。橋の尾側縁で、外転神経根の外側から狭義の顔面神経として脳を出た後、内耳孔から内耳道に進入し、内耳道底から顔面神経管を通って茎乳突孔から側頭骨を出る。この経過中、顔面神経管の下部(顔面神経膝より末梢側、鼓索神経小管分岐部より中枢側)でアブミ骨筋神経を出し、アブミ骨筋に分布する。茎乳突孔から出た直後に後耳介枝が分かれ、これがさらに数枝に分かれる。後耳介神経の後頭枝は後頭筋、側頭頭頂筋、後耳介筋を二腹筋枝は顎二腹筋後腹を、茎突舌骨筋枝は同名筋を支配する。後耳介枝を出した後、顔面神経が耳下腺内で複雑に分岐して耳下腺神経叢をつくる。神経叢からの末梢枝は上から順に側頭枝、頬骨枝、頬筋枝、下顎縁枝および顎枝で、耳下腺の前縁から表情筋に向かいつつ、付近の皮下に現れる。三叉神経の枝と交通し、後頭筋と後耳介筋を除くすべての表情筋を支配する。

特殊求心性線維は舌体(舌の前2/3)の味覚を伝える。顔面神経膝の膝神経節に細胞体をもつ1次ニューロンの軸索末梢枝は顔面神経に加わるが、顔面神経管下端知覚で特殊内臓性遠心性の線維と分かれて鼓索神経に入る。鼓索神経は鼓索神経小管を通って鼓室に入り、錐体鼓室裂を通って側頭下窩に出て舌神経に合流するう。舌神経に入った味覚線維は三叉神経由来の知覚線維とともに舌体に入り、味蕾に分布する。軸索中枢枝は中間神経内を進んで中枢うに入り、孤束核の吻側核に終わる。また、膝神経節には一般体性求心性の1次ニューロンの細胞体が含まれ、外耳道と耳介後部および耳の内部の一般知覚を支配し、三叉神経脊髄路核を終止核とする。

副交感性節前線維は上唾液核(延髄)を起始核とし、味覚線維ととも中間神経をつくり、顔面神経管内で2つの経路に分かれる。第1の経路は大錐体神経を通るもので、顔面神経膝で顔面神経から分かれ、大錐体神経管を通って側頭骨錐体の前面に出た後、破裂孔の軟骨を貫いて外頭蓋底に出る。ここで大錐体神経は深錐体神経と合流して翼突管神経となり、翼口蓋神経節に終わる。第2の経路は味覚線維とともに鼓索神経を経由して舌神経に合流するが、舌に進入する前に顎下枝を通って舌神経を離れ、顎下神経節に終わる。神経節から出る節後線維が(大)舌下腺と顎下腺を支配する



≪参考:脳神経≫
脳神経は脳に直接接続する末梢神経で12種類あり、神経根が神経根の吻側に出入りするものから順に番号をつけてよぶ。


参考文献:口腔解剖学 医歯薬出版株式会社

Oral Studio歯科辞書:【顔面神経(ガンメンシンケイ)】からステップアップ

【顔面神経(ガンメンシンケイ)】が登録されている【口腔外科総論】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
顔面神経(ガンメンシンケイ)が登録されている【口腔外科総論】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
三期治癒白板症骨折痛
BednarアフタFrey症候群食道疾患
心筋梗塞顔面半側萎縮症非観血的整復
痂皮下治癒抜歯 智歯Melkersson-Rosenthal症候群

歯科辞書用語追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。
分野名
申請種別 新規用語追加   既存用語の内容追加   解説画像の追加
申請希望用語